Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」

@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E 現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I日本国の運勢(2001年〜)

占いから姓名学へ!・・・◇占うということ

社名 社長名ネーミング 改名参考例
社名 社長名ありがとうメール
ネーミングから見た企業の経営戦略ページ


遠山宣丞 むかしから人は何か困ったことがあったり悩みがあったりすると、いろいろと考え、誰かに相談したり、あの手この手を尽くして最後は神様仏様にお願いをしたりするわけです。 苦しい時の神だのみ″とは人の心の弱さを表す諺ですが、私はこれが人間であり人間らしいと思うのです。強がりを言ってみても、それで物事が解決するとは思いません。かえって自分が"弱気人間″であることを知っている方が、勇気がありすばらしいことと思うのです。


人は先の事を少しでも知って、それを何かの役に立てたい。ちょっと未来を予想することで、確かな安心を得たい。それは誰もが持っている本能です。人よりも早く先を知りたい、こんな思いが現在の情報化社会を築きあげている原動力と考えられます。 古代の人達は客観的事実を積み重ねて未来を予測するという現代のような技術はありませんでしたから、超自然的な力を持った存在としての神とか仏によって未来を予測しようとしたのです。


そこで神や仏は自然界の中に宿るものとして古代の人達は自然神を敬い、そんな中から人々の素朴な願いとして占いが出発したと考えてよいと思います。占いたいという願望は私達の自然な本能です。


中国の孫子は「敵を知り己を知れば百戦危うからず。」と彼の兵法の中で書いております。如何にしてこの己を知り、かつ、相手を知るかということが問題なのです。本当に自分を知り自分を戒めることは、よほど修練を積んだ人でないと出来ないものです。


陽陰姓名術は誰でも知りうる人の名前や会社名から、今まで蓄積された名前の格数データなどからそれらを総合的に整理しながら、その人のあらゆるデーターを推理しようとするものです。単に昔からいわれているからということではなくて、現実的おこっている様々な現象からその結果まで併せて、社名や屋号に隠されている格数的な暗号をデータベースの中から解析いたします。

占いから姓名学へ!・・・◇姓名の意味

姓名の意味 (1) 名前について

名前について、名前と言われても"姓""名"と言われるように二つの要素から成り立っています。 一般に姓は苗字とも言われ、一生変わることなく先祖代々受け継がれてくるものです。 親の七光はこの姓の中に先祖の持つ由来と実績が積まれているのです。名はその人個人を表し、あらゆることにこれは付いてまわります。よく名前を好きにならない人がいますが、自分の名前に愛着を覚えない人は、自分の名前の持つ良い運勢を生かすことが出来ないのです。


親が名前を付けるときは、何らかの形で親の願いをその名前の中に表そうと努力します。親の願いはやはり幸福な人生を送って欲しいということから、いろいろな名前を考えられることと思います。


(2) 名は体を表す?


昔からよく「名は体を表す」と言われてきました。何か事件でも起こすと「やっぱりね!」とささやかれたりしますが、逆のこともけっこう私達の周りにはあります。強そうな名前なのに本人は腺病で優しかったり、優しそうな名前で冷血漢だったりで、様々なドラマが展開されます。これは姓名の持つ運命式の内容がその人の人生の結果として行動に表れてくるということを意味しているのです。


前のページ <> 次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.