Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・◇武田信玄1

武田晴信 ■武田信玄1


<武田晴信の運命式>


22 13 25
17 34 17
29 21 26


信玄が晴信と呼ばれていた頃、父信虎の横暴に嫌気がさした家臣達は晴信をかついで、信虎を北条氏へ人質として追い出してしまいました。そして晴信は父を追い出したあと武田家臣団を見事にまとめ、天下に向かって進み始めたのです。そして京を目指しつつその途中で病に倒れて死んだとあります。 次に武田家を相続したのは勝瀬でした。結局は彼が武田家を滅ぼしていくのです。


この名門武田家の軌跡をたどってみることにしましょう。ここにも武田家の運命式の魔力が働いていることに気がつきます。 先ず武田晴信の運命式を見てみましょう。武田晴信の運命式の特徴は人生を無意味する暗示があることです。この暗示を持つ人は人生を左右する重大な事件に遭遇することになります。事実、晴信は実の父親を燐国の北条氏に出してしまいました。


次に武田晴信の運命式は木下藤吉郎と似ている特殊な運命式を持っているのです。だからこそ、晴信はむづかしい武田の家臣達をまとめることができたのです。武田の家臣達は皆独立心の強い小領主、豪族の集まりだからです。このような武士集団をまとめることは容易には出来ません。ドラゴンの魔力があったればこそです。武田氏には当時の戦国に代表されるような山城はありません。


簡単な館があっただけです。それは甲州が山に囲まれた天然の要害であったばかりでなく、頑固な人のつながりがあったからです。まさに 「人は石垣、人は城」というわけです。


晴信は本性的には人の和を大切にする人情的な性格ですが、社会面に現れるときは非常に神経質か細かくて、自分を気にする人になります。家庭面では、心霊運のキツネの細かさと思いこみの強い主体性が性格となって表れるようになります。愛情運タヌキは優しさとか思いやりに愛情を感じます。


心霊的には非常に細かく神経を使って、いつも緊張状態に置かれています。この張り詰めた心霊的な緊張感と気配り、そして人気運ドラゴンの卓越した外交力は武田家の力を大きく広げることに役立ちます。


愛情運は真面目で思いやりの愛ですから、心霊運の緊張感、家庭内性格の主体性、それに人格A、Bのバッティング関係から考えると、正妻である三条の娘の強い態度には我慢がならなかったのではないのでしょうか。これが武田家の運命を狂わせていく大きな原因になっていくのです。


晴信は諏訪一族を滅ぼしてその娘を側女にしてしまいます。普通に考えても自分の父母を殺した男の嫁になるということば、これは到底考えられない心情の世界です。このことが正妻と長男太郎の離反、勝頼により武田家の滅亡へとつながっていくのです。この勝頼は晴信によって滅ぼされた諏訪一族の末えいなのです。まさに因縁を感じます。


この晴信の世界が次に信玄へと移っていくのです。 信玄の運命式を見てみましょう。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代





















Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.