Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・徳川家康 ■松平元康時代

■松平元康時代


<松平元康の運命式>


24 13 17
19 28  9
23 15 20


今川の人質として青年時代を送り、ここで今川の軍師から軍略を学びました。 神経質そうな外見とは裏腹に、社会的性格は心霊運が男性的、行動的ですが、それらは本性の持つ鋭い洞察力と決断に裏打ちされているため、非常に有能な武将であったと思われます。


外交的には相手に合わせてイニシアチブをとるということを人気運は物語っています。しかしながら彼の運命式にある人生を無意味にする暗示は、彼をして運命の方向へと導いていきます。こめままいけば彼のお祖父さん、お父さんと同じように部下によって殺害されるというような人生を台無しにしてしまうという事件が起こったかも知れません。


しかしここで天の助けがあって(信長が今川義元を滅ぼす)松平元康とその一党は岡崎の城へ戻ります。新しい出発の意味も含めて松平は徳川へと改名をします。 徳川家康が誕生したのです。これによって歴史は徳川の天下へと将来の出発をしたのです。まさに改名は人の運命、国の運命までも変えてしまうのです。


このとき松平元康が徳川家康へと改名しなかったならば、彼と日本の歴史は大きく塗り替えられ、徳川260年の伝統もなかったかもしれません。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.