Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・◇木下藤吉郎

■木下藤吉郎は信長の運命式を変えた


<木下藤吉郎の運命式>


22  7 31
19 40 27
37 33 36


<織田信長の運命式>


31 23 32
26 40 14
35 17 22


先ず人間の出会いが運命を変えるといいますが、信長と木下藤吉郎の場合はこの出会いが歴史を変えてしまったのだから大変です。 両者の運命式を見て下さい。


同じ本性を持ています。これは本性的には同じ世界を持つために、両者は実にうまく馬が合ったと思います。もって注目すべきは、藤吉郎は信長とは違う意味で特殊な運命式を持っているということです。人に対して自分を上手に表現できるのです。


こういう運命を持った武将が尾張に出たことは天の配在としか考えられません。藤吉郎の運命式は、変貌自在!どんな人間にも下から仕えて、それでいて自分の元に引き寄せてしまう強い力を持ちます。人のために生きざるを得ず、人に愛されざるを得ない藤吉郎の運命式はは信長との絶妙なコンビネーションを発揮しました。


事実、藤吉郎は信長の出来ない部分を全部引き受けて、みごとに成功させてきました。また藤吉郎は「人たらしの天才」と羽柴秀吉に改名してからも言われました。不思議なことに、羽柴秀吉に改名しても、藤吉郎時代の特殊な運命式は引き継がれたのでした。


天下への道は信長の特殊な運命式と藤吉郎の特殊な運命式が実にうまく重なりあって出発したものと思います。 天が戦国時代の終焉をさせるためにこの二人を送ったのです。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代
















Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.