Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・長尾景虎から上杉謙信へ

上杉謙信 ■長尾景虎から上杉謙信へ
<長尾景虎の運命式>

23 15 27
16 35 19
28 20 27


<上杉謙信の運命式>
19 10 27
12 36 24
29 26 33


長尾景虎の運命式を見てみましょう。彼は幼い頃より父親の愛を受けられず、厳しい環境の中で育ちました。寺に出されて、そのままいけば越後の王者になれなかったのですが、父親が急に没してしてしまったのです。病弱な兄が跡を継いだのですが、その兄では国が治まりきれず、結局兄弟の激しい勢力争いが起こりました。この戦いで彼は勝利し、兄を殺さず許して父親の後を継ぎ、全国統一に向かって歩み始めました。


彼は軍事の天才です。というよりは、本当は僧侶になった方がよかったのかも知れません。そんな運命式をしています。心霊運と本性は洞察力にとみ思索型です。仕事運は何事かなさんという成就型の運勢を持っています。人気運は自分がリーダーであることをしっかりと主張します。長尾景虎という運命式は、信仰を持って力を発揮する運命式であるといっていいでしょう!かれが軍事の神様毘沙門天を信仰することで、彼の運命式は大いなる力を発揮していったと考えていいでしょう!


その景虎が上杉の名跡を継いで関東菅令職に就くと、彼の戦い方が変わってきます。武田信玄との川中島での戦いはあまりに有名ですが、それは一部の隙もなく厳しく戦略を立て、実に緊張した戦いになってきます。それは上杉謙信と改名したため、大きく運勢が転換したからなのです。


心霊運、本性、人気運ともに廻りすぎる知恵と極度の緊張を強いられる運勢を持っています。そして気配りを怠りなくしながら、それでも本人はいらだちを覚えることが多くなります。家庭内性格も緊張と思索型の性格になります。


このあまりに余裕のない緊張した運勢と性格の故に、謙信自信が卒中という病で運命の幕を閉じてしまったのです。歴史にもしもという言葉はないと言われていますが、彼が生きていれば戦国の地図は塗り替えられていたでしょう。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.