Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う


<豊臣秀吉の運命式>


26 20 27
19 33 16
26 13 20


この運命式を見てガッカリします。これでは天下の仕置きをすることはできません。 天下太平とはいえない乱世が、このときまではまだ続いているのです。そんな時に、彼の特殊な運命式の運勢が消えてしまっているのです。時の朝廷の謀略かとも思える改名なのです。


彼の運命式は、心霊運、本性、仕事運という組み合わせが、まさに自分の欲望を満たす為に、何でも利用しようとするクモ男に変身してしまったのです。それでいて、愛情運は愛されたい症候群なのです。 仕事運は何事かなさんとする運勢ですが、天下を取った秀吉は動機が傲慢になり、自分のことだけしか考えなくなります。


羽柴時代まで持っていた知恵と外交の運命式の魔力から比べると天と地の差があります。 ましてや側近に石田光成など事務的な侍がいるようでは豊臣政権は先が見えていたと思います。周りには徳川家康、伊達政宗など深慮遠媒形の武将がいっぱいいるわけですから、この運命式で豊臣政権が耐えられるはずがありません。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.