Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・◇前田犬千代から前田利家へ

前田利家 ■前田犬千代から前田利家へ


<前田犬千代の運命式>


22 14 21
17 26 12
21 12 17


<前田利家の運命式>


24 14 21
19 31 12
26 17 22


前田利家といえば加賀百万国の創業者として、また信長、秀吉、家康と仕えて戦国をかけぬけ、常に大きな力を発揮してきたことはあまりにも有名です。その前田利家は犬千代と呼ばれた少年時代からドラゴンの影響を受けていました。犬千代時代は木下藤吉郎ととても仲が良かったと言われています。


二人とも信長の寵愛を受けていたのですが、小姓仲間のいざこざから同じ小姓の一人を決闘で切り殺してしまいました。信長お気に入りの小姓を決闘とはいえ殺してしまったわけですからただではすみません。


城を抜け出して逃げていたのですが、許されて信長のもとに再び戻ることができました。それも藤吉郎の働きによって桶狭間の戦いに犬千代を導き、犬千代は大変な戦働きをしました。そこで信長の機嫌も直り帰参することができるようになったのです。犬千代も藤吉郎もよく似た特殊な運命式を持っていて互いに助け合ったのではないかと思われます。


利家に名前が変わると信長のような運命式なってきます。これはまた信長と同じかと思えばちょっと違います。それは利家が妻のお松殿を限りなく愛していたからです。信長のように愛の反動力が働いたのではなく、利家はお松殿をこよなく愛し、お松殿も利家を夫としてたのみにしていました。


この賢い妻を持ったおかげで利家の特殊な運命式の魔力は反動的に現れず、正当な力として各運勢に作用するようになったのです。 加賀百万国はこのような利家の持つ大きな運勢の力で誕生するようになったのです。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.