Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


戦国武将達の経営運勢・・・◇黒田孝高(如水)と荒木村重

黒田孝高(如水) ■黒田孝高(如水)と荒木村重


<黒田孝高の運命式>


26 16 23
21 33 12
28 17 22


<荒木村重の運命式>


22 13 20
18 29 11
25 16 20


私達がよく知っているとおり、黒田官兵衛は羽柴秀吉の名参謀として有名です。信長が本能寺の変で殺された後、秀吉の天下獲りの第一歩であった中国大返しは官兵衛孝高の献策と決断があればこそ出来たと言われています。


このように常に秀吉の側にあって軍師の役目を果たした官兵衛孝高とはどんな人物であったのでしょうか。先ず黒田孝高の運命式を見てみましょう。信長と同じように彼も特殊な運命式を持っています。


従って彼は愛憎激しく、そのエネルギーは全ての運勢を過烈な方向へと導く力を持っています。本性は男性的積極的で命令的ですが、人気運、心霊運共に彼が並々ならぬ作戦家、謀略家、それも自分の為の謀略家ということです。


信長のような位置になかった彼は、軍師への道を選びました。官兵衛は自分の立てた軍略の素晴らしさに酔いました。領土、名誉欲よりも自分の軍略の素晴らしさに愛着を感じたのです。


自分が軍略に優れていると思っている彼は、信長を裏切った荒木村重のところへ説得に行って牢に入れられてしまいました。彼は解放されるまでの長い年月、牢の中でじっと耐え忍びました。彼を支えたその執念は彼の特殊な運命式の成せる業と思います。


さて一方の荒木村重はなぜ信長を裏切るようになってしまったのでしょうか。村重の運命式を見てみましょう。先ず人気運ですが、並外れた外交手腕を持っていることを証明しています。秀吉も彼と同じような特徴を持っています。


しかし村重は本性が細かく神経質、心霊運は頑固一徹。頑固で細かい守り型の性格では、信長の運命式のすさまじい陽的な魔力の前に、彼は自分の持つ運命式をを陰的に使ってしまいました。それが信長への反旗という形となって現れたのです。


孝高と村重、孝高の運命は村重の持つ陰的な運命式に引き寄せられ、牢へつながれるようになったのです。


前のページ  次のページ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■織田信長 (2)■木下藤吉郎 (3)■今川義元 (4)■斎藤道三

(5)■浅井・朝倉軍団 (6)■最後の将軍足利義昭

(7)■信長を許せなかった、明智光秀 (8)■武田信玄1

(9)■武田信玄2 (10)■武田信玄3

(11)■黒田孝高(如水)と荒木村重 (12)■前田犬千代から前田利家へ

(13)■織田信長と前田利家 (14)■島勝猛と石田三成

(15)■木下藤吉郎と羽柴秀吉で天下を統一する

(16)■豊臣の姓を賜って天下の運勢を失う

(17)■長尾景虎から上杉謙信へ

(18)■伊達輝宗から伊達政宗へ (19)■戦国の英雄―伊達政宗

(20)■徳川家康■松平竹千代時代 (21)■徳川家康■松平元康時代

(22)■徳川家康時代













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.