Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

参考資料・・・◇商号の符号

●商業の登記に用いる事が出来る符号


【認められるもの】


★ローマ字は 大文字、小文字


★アラビア数字は0〜9


★「&」(アンパサンド) ★「’」(アポストロフィー) ★「.」(ピリオド) ★「・」(中点) 字句を区切る場合のみ認められる     だたし「.」は、文末でもよい ★空白 (スペース)


★「ー」


★(個人商人の商号)など 目的=コンピューター及び周辺機器の販売、賃貸、修理請負 医師法18条に抵触しない こと


【認められないもの】


◆法令で使用が義務付けられている文字(合名会社、合資会社、株式会社、有限会社、銀行、証券会社等の文字)を使用しない場合


◆法令により使用が制限されている名称


◆個人商人の商号における制限・・・商号中に会社であることを示す文字は用いることは出来ない


◆公序良俗に反する商号の使用制限・・・倫理上好ましくない日本語のローマ字表記など


◆会社の支店又は一営業部門であることを示す文字の制限


◆空白(スペース)


◆( )・・・外国会社の営業所で商号中に()がある時は「・」で代替する

参照 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.