Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」


@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談



E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I日本国の運勢(2001年から2008年まで)

現代企業の参考例・・・夫の霊が会社を守る!

■夫の霊が会社を守る!


社長と会社の運命は表裏一体、社長の運命を知ることは、その運営する会社の運命を左右する重大事であるから、これは関心を持たざるをえない。田舎の新聞に載った記事を元に、その足跡をたどってみると、色々なことが見えてくる。もちろん、新聞記事であるから多少の脚色はあるかも知れないが、それでもおおかたの真実は見えるものである。


”企業は人なり!”とは、よく言われる。結局会社の運命を左右する人は、企業トップですから、どういう人がトップになるかで方向性が決まるのである。


●現在、女性社長として頑張っている方がいる。ダートコーヒー社長の水上誠子氏である。といっても、まだ社長業をして3年半あまりであるが。 ことのおこりは、2000年4月夫である社長の水上文雄氏が、全社員を集めての会合の席上不調を訴えて金大付属病院に運ばれた。肝臓ガンであった。7ヶ月後52才で旅立ってしまった。


トップが突然に倒れる。これは企業にとってはものすごく大きなダメージである。残された者たちは大変である。混乱は必至とも思われたが、「会社の安定の為には婦人が跡を継ぐのがよい」との意見で、悩んだ末会社に出てみると、業務が整然と進んでいたというのである。そこで、水上文雄氏の運命式を見てみよう!


<水上文雄氏の運命式>


19  7 11
16 23  7
20 16 19


●社会的性格はヒツジとトラ動物がいる為に、自分の感性を中心とした、リーダー型の性格であるから、社員はしっかりと指導していたはずである。しかし、様々な環境的な制約の中で仕事をしなければならない為に、仕事運の理想を持って、目的を持って進めようとするところに常に戦いがあったはずである。


コーヒーのプロ集団を目指したのが氏の理想であった。プロとして社員や組織を育てていたために、トップが不在であっても会社はその機能を失わなかったのである。問題は、トップが有能であったときほど、その次の後継者が問題になるのである。後継者が権力を握ってくると、そこから様々な問題が浮上するようになる。無理をして自分のカラーを出そうとすれば、実力派の社員達からクレームがでるだろう!


●ダートコーヒーは賢明な選択をしたのである。夫人が社長になったのである。といっても一主婦から社長に転身するのであるから、並大抵ではない。女性社長であるからもしうまく舵をとれなかったら会社は崩壊していく。 ここは、女性社長になった水上誠子氏の運命式を見てみよう!


<水上誠子氏の運命式>


10  7 11
 7 23 16
20 16 19


●よく見ると、夫の文雄氏と誠子氏は家庭内性格や愛情運が、同じで一致しているのである。これは面白い現象で、この夫婦は会社というものすごく大きな課題がなければ、たぶんぶつかり合っていた夫婦であったと思う。


これは、夫婦の相性から見ると、互いに同じ要素を持っているためぶつかり合うようになるのである。しかし、会社という大きな課題が二人を結びつけていたように思う。


●不思議なことに、夫である文雄社長が他界して1,2年後のことである。不思議な夢を見たというのである。


「知人の案内で古い一軒家にはいると、夫の水上文雄氏が座敷で床の間を背に座っていた。主人が僕は死んだことになっているからでられないけど、ここにいるんだよ。というんです。じゃあ、ここに来ればいつでも会えるのねと聞いたら、”うん、そうや”って」


これは、社長の水上誠子氏の運命式が、特殊な運命式をしているからなのである。社会的性格と仕事運が関連して、誠子社長の霊的な感性が啓発されているのである。それに、夫の運命式と非常によく似ているということは、夫があの世から連結できる条件が整っていたと考えて良い。


ということは、誠子社長の背後には、いつも文雄前社長の思いがあって、会社を守ろうとしているのである。そのことをよく知ってか、今まで、文雄社長の作った体制を変えないで今日まできたのである。


●ただ経営者として異なるところは、文雄社長が理想目的型の仕事運であるのに対して、誠子社長は、アイデア工夫型の仕事運であるということである。 そのため、工場に研究室を作ったりと、現代のような厳しい経営環境では、こういうアイデア型の方が適しているのかも知れない。


中継ぎを自覚して、息子にバトンを渡すチャンスを考えている誠子社長であるが、問題はそのタイミングと、あくまで事業に理想を持っていた先代社長の遺志までどうやってバトンするかということなのである。しばらくは、あの世の夫と夫婦そろって後見せざるをえないのではないかと思う。


●こうしてみると、トップが交代したり、トップのバトンが渡されていく背景には、大きな意志が働いているように思えてならない。そのことがわからない経営者は・・・・ちょっと考えてみる必要がありそうです。


●今回の一言 トップはあまりたくさんのことをやりすぎてはいけない。 (コンサルタント・吉田新一郎)



前のページ  次のページ  現代企業参考例トップ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■楽業偕悦 (2)■うまくバトンを渡した現代の飛脚!
(3)■スギヨ (4)■箔一 (5)■失礼ですが、二代目はコピー
(6)■夫の霊が会社を守る!
(7)■創業者だからできた改革 (8)■伸栄製作所・田中健一社長
(9)■まつや・松本啓志社長 (10)■大和トランスポート・村西更新社長
(11)■無料でコピー…現役慶大生起業家 (12)■夢の街創造委員会社長
(13)■旭川市旭山動物園園長 (14)■磨き抜いた家内工業
(15)シーピーユー・宮川昌江社長 (16)五洲薬品・藤井良三社長
(17)三井製糖社長・井原芳隆  (18)商船三井社長 芦田昭充
(19)日光猿軍団校長・間中敏雄   (20)プロ野球解説者・太田幸司
(21)「いい仕事」…骨董商 中島 誠之助  (22)仲間のために戦うヒーロー 平山亨
(23)44才で転職 若手に学ぶ 溝呂木 斉  (24)自分の店なら頑張れる 平 辰
(25)社員の7割超が知的障害者 大山泰弘 (26)襲名という先祖の功労 中埜又左エ門
















Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.