Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」


@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談



E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I日本国の運勢(2001年から2008年まで)

現代企業の参考例・・・失礼ですが、二代目はコピー

■失礼ですが、二代目はコピー


●社長と会社の運命は表裏一体、社長の運命を知ることは、その運営する会社の運命を左右する重大事であるから、これは関心を持たざるをえない。田舎の新聞に載った記事を元に、その足跡をたどってみると、色々なことが見えてくる。もちろん、新聞記事であるから多少の脚色はあるかも知れないが、それでもおおかたの真実は見えるものである。


”企業は人なり!”とは、よく言われる。結局会社の運命を左右する人は、企業トップですから、どういう人がトップになるかで方向性が決まるのである。


●YKKといえばファスナー、ファスナーといえばYKKといわれるくらい、誰でも知っているメジャーな企業である。YKKをここまでしたのは、創業者の吉田忠雄氏である。ファスナー王と呼ばれ、小さな工場を世界のYKKにまで押し上げた。その理論の背景となったのは、「善の循環」という利益配分の理念、それから「全ての従業員は労働者であり、経営者である」という信念を持って、グループ企業を拡大していった。


日本の企業を見ると、戦後の混沌期から立ち上げ、幾多の試練をかいくぐり、こんにちの繁栄を築き上げた企業が少なくない。たとえ大企業であろうと、中小企業であろうと、基本的には創業者の強烈な個性に支えられて、企業のベースを創ってきたのである。


そして、日本成長と発展と共に、企業もその浮沈をかけた戦いに明け暮れてきた。今や日本の国家は右肩上がりの成長経済体制から、長期安定型の経済体制へと移行しようとしている。そういう過渡期に、創業者から二代目へと代替わりの時に至っているのである。 もはや国の運勢に乗ればいいと言うような、時代ではないことは誰の目にも明らかである。


●こういう難しいときにバトンを渡される二代目は、本当に大変である。二代目がしっかりしていると、三代目に受け継がれ、安定した内容になってくる。創業の芽を接ぎ木する二代目は重要なのである。それでは、天下のYKKの二代目社長である吉田忠裕氏はどうであろうか?先代吉田忠雄氏とのつながりは、運命式的にはどうであろうか?そのことを見てみたい。


<二代目社長の吉田忠裕氏と創業者の吉田忠雄氏の運命式>


(吉田忠裕氏の運命式)


23 11 19
18 31 13
26 20 25


(吉田忠雄氏の運命式)


23 11 19
18 31 13
26 20 25


●驚いたことに、創業者の吉田忠雄氏と二代目社長の吉田忠裕氏はまったく運命式が同じなのである。これは運命式が同じだからと言って、人格が同じになり、運命が同じになり、全てが同じような人生の道のりを行くという意味ではないのである。その時々の判断や、方向性の出し方、人脈やいろいろな要素が皆違うのであるから、同じにはならない。しかし、よく似た傾向を示すようになるということは言えるのである。 もちろん、親子という人間的な観点から見れば、よく似ている分だけぶつかるということが起きてきます。


それでは運命式を見てみよう!まず社会的性格は、非常に戦略型であると同時に目的指向型ですから、何か物事を成し遂げようとする事業家にはいい内容を持っていると言えます。しかし、問題は仕事運です。頭を使った仕事をする必要があります。要は仕事に頭脳プレイを要求されると言うことなのです。そして、いつも困難に遭遇することが多いのです。休む暇はないと言っていいでしょう! それが、この仕事運の持つ特徴なのです。


人気運では常に、自分がリーダーとして指導的な位置にあることを望みますが、その性格はこれを実現するのにふさわしい性格を持っています。 これは、この運命式が事業家としては、運命式の運用の仕方によっては、いい運命式を持っているということがいえるのです。創業者が「善の循環」や「全ての従業員は労働者であり、経営者である」という考え方を持ったのも、頭脳プレイをする意味では、企業を成功へ導く大きな鍵になったと思います。


そして、創業者が脳血栓で倒れた後、いつとはなしに二代目が社長になりました。このことは、実に、面白いといっては失礼ですが、運命式的には面白いことがおこったのです。


●日本伝統芸術には、襲名という考えがあります。創業者の名前を受け継ぐのです。これは素晴らしい考えで、成功した創業者の運勢、わかりやすくいうと創業者の持つ内容や要素を相続するという意味なのですが、それを実行するのです。すると、創業者の霊が乗り移り、それに本人の個性がプラスされて、活性化された伝統として残っていくのです。


YKKは知らない間に、この襲名と同じような効果を、運命式的にはもたらしたのです。従って、この場合二代目は第二の創業と考えてよいと思います。うまくいく企業というのはこの相続がうまくいくということが大切になってくるのです。そういう意味では、YKKはいいバトンタッチをしたなと思います。


●「カリスマの理念を受け継ぎながら、時代の合わない成功体験の呪縛から離陸させる」こういう改革の仕事は、第二の創業者でなければ出来ない仕事です。 第二の創業者としては、戦略と頭脳プレイ、そして目的や理想を失わなければ、第二の創業を成功させることは可能性が高いでしょう!


●今回の一言 仕事は目的である。仕事をはっきりした目的と思ってやっているやつにとって、結果は対した問題ではない。



前のページ  次のページ  現代企業参考例トップ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■楽業偕悦 (2)■うまくバトンを渡した現代の飛脚!
(3)■スギヨ (4)■箔一 (5)■失礼ですが、二代目はコピー
(6)■夫の霊が会社を守る!
(7)■創業者だからできた改革 (8)■伸栄製作所・田中健一社長
(9)■まつや・松本啓志社長 (10)■大和トランスポート・村西更新社長
(11)■無料でコピー…現役慶大生起業家 (12)■夢の街創造委員会社長
(13)■旭川市旭山動物園園長 (14)■磨き抜いた家内工業
(15)シーピーユー・宮川昌江社長 (16)五洲薬品・藤井良三社長
(17)三井製糖社長・井原芳隆  (18)商船三井社長 芦田昭充
(19)日光猿軍団校長・間中敏雄   (20)プロ野球解説者・太田幸司
(21)「いい仕事」…骨董商 中島 誠之助  (22)仲間のために戦うヒーロー 平山亨
(23)44才で転職 若手に学ぶ 溝呂木 斉  (24)自分の店なら頑張れる 平 辰
(25)社員の7割超が知的障害者 大山泰弘 (26)襲名という先祖の功労 中埜又左エ門














Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.