Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」


@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談



E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I日本国の運勢(2001年から2008年まで)

現代企業の参考例・・・◇大庄社長 平 辰(たいら たつ)さん

大庄社長 平辰さん


●自分の店なら頑張れる
■平 辰(たいら たつ)さん
大庄社長
  1940年、新潟県生まれ。28歳で焼き鳥店を開業。75年からチェーン展開を開始し、900店以上のグループに育てる。著書に「お母さんありがとう」
1960年・・・日立製作所入社
1962年・・・友人と割り箸製造会社を起業
1964年・・・詐欺にあって退社、義兄のレストランの店長に
1968年・・・焼鳥屋「とき」を開くが不入りに苦しむ
1971年・・・居酒屋を開店、板前確保に苦心
1973年・・・「主や」1号店を開店
1975年・・・独立制度を設け、社員の独立を奨励
1994年・・・悩んだ末に、東証に店頭公開
1999年・・・一部上場
2008年・・・現在


■自分の店なら頑張れる


「庄や」「やるき茶屋」などの大衆料理店グループを率いる平が、初めて開いた飲食店には、まったく客が入らなかった。
「店を開けばお客さんは入るものだと思っていたけれど、全然だめでした」。

高校を出て東京の大企業に勤めたが、残業と満員電車が嫌になって退社。いくつかの仕事を経た後、東京・大田区に焼き鳥店を開いた。味には自信があったが、客は来ない。残った焼き鳥を持ち帰って自家消費する日々から脱却するため、思いつく限りのことをやった。


仕込みを終えた午後、銭湯に入り、居合わせた客の背中を流しながら自己紹介すると、風呂帰りに寄ってくれる客が現れ始めた。駅前では手製のビラを配り、店の前の通りを端から端まで掃除した。
「掃除は効果がありましたね。地元の商店街の人たちが、仲間として支えてくれました」

半年ほどで軌道に乗り、ここでためた資金をもとに、人を雇って居酒屋を始めた。順調に客は入ったが、今度は逆の悩みを抱えることになった。
  「あまりの忙しさに、板前さんたちが『やってられるか』と怒って出て行ってしまった。彼らは仕事には困らないので、店のために頑張ろうという気持ちになってくれないんです。


店は繁盛しても、従業員が居着かない。どうすれば定着してくれるのか。調理師たちと話すうちに、彼らが自分の店を持ちたがっていることに気づく。それならと社員の独立を支援する制度を作った。
「最初のうちは『どうせ社長の身内だけだろう』と社内でも半信半疑の人が多かったようですが、公募で入社してきた人が店長になってから、みんなの目の色が変わった。


部下を育てて独立させた店長の給料を上げる制度も作り、グループは拡大していった。だが、店を増やすには資金がいる。「持ち株が値上がりすると、幹部が出て行くよ」との知人の忠告に悩みながらも株式を公開したのも、拡大のための資金作りだった。


■地方にも帰したい


「庄や」のスタートから35年、今やグループの店舗数は1000の大台に近づきつつある。拡大路線にはいつか限界が来るのでは、という問いに、平はこう答える。


「うちの元店長で、東北の実家に戻り、畑仕事の傍ら、近所の集会所代わりの店を開いた人がいる。地方には、後継者不足に困っている農村や漁村が多いですから、そんなふうに人を帰していきたいんです」


佐渡の自然の中で生まれ育った平にとっては、ごく自然な発想なのかも知れない。
敬称略(片山一弘)
(2008年7月7日 読売新聞)
---------------------------------------------------------


■自分の周囲の環境を整備していったことが足がかりになった



「「庄や」「やるき茶屋」などの大衆料理店グループを率いる平が、初めて開いた飲食店には、まったく客が入らなかった。「店を開けばお客さんは入るものだと思っていたけれど、全然だめでした」


居酒屋の赤提灯


高校を出て東京の大企業に勤めたが、残業と満員電車が嫌になって退社。いくつかの仕事を経た後、東京・大田区に焼き鳥店を開いた。味には自信があったが、客は来ない。残った焼き鳥を持ち帰って自家消費する日々から脱却するため、思いつく限りのことをやった。


仕込みを終えた午後、銭湯に入り、居合わせた客の背中を流しながら自己紹介すると、風呂帰りに寄ってくれる客が現れ始めた。駅前では手製のビラを配り、店の前の通りを端から端まで掃除した。
掃除は効果がありましたね。地元の商店街の人たちが、仲間として支えてくれました」


平 辰さん、いろいろな経験を経て、28才で自分の店を持つようになった。そこで、お客様に来てもらうために!ということを相当苦労したようだ。その打開策が商店街の掃除であったということだ。ここにポイントがある。


その平 辰さんの運命式を見てみよう!

<平 辰さんの運命式>


 7  6 13


 2 14 12


 9  8 13


<平 辰さんの流運>


20 15 10 16 11 15 10 16


20 17 12 16 11 17 12 16


平 辰さんの運命式を見てみると、この人は結構悩むタイプであることがわかる。しかも真剣に悩むのである。それに意外と細かい。良いところは人とのグループをつくったり、人を組織化したりというのは向いているということだ。


そんな平 辰さんが、安定した職業を辞めて、いろいろと試行錯誤をはじめるようになったのは、彼の仕事運の影響が大きい。どうしても、この仕事運では人に使われるのは我慢できないのである。自分がリーダーにならないといけないということになるから、結局何か起業をしなければならない方向にどうしてもなるのである。


28才で焼鳥屋を開業し、それが足がかりになっていくのであるが、その時に店を軌道に乗せていく集客に苦心したというのだが、ここに足がかりのポイントがある。


それは何だというと、ひとつは平 辰さんは真剣に考えて知恵を絞るタイプであるということだ。ここがポイントのひとつ。
次に、彼の流運を見てみると、ちょうど30才くらいまでは、周囲の状況や環境によって左右される運勢を持っていることがいえる。


大庄 平辰さん


だから、ここでうまく成功するには環境や周囲の状況を変えなければならないということになる。それに気がついたのだ。たぶんいろいろとやっている内に細やかな知恵の働きがそれに気がついたのではないかと思う。
だから、彼がやったことは、
★「仕込みを終えた午後、銭湯に入り、居合わせた客の背中を流しながら自己紹介すると、風呂帰りに寄ってくれる客が現れ始めた。駅前では手製のビラを配り、店の前の通りを端から端まで掃除した。」★


これは良い効果を上げるのです。自分のもっている運勢を上手に利用した結果ということになるからです。もちろん、この時の仕事運は成就運ですから、この環境整備が運勢的によかったのはいうまでもありません。


◆自分の店を持ちたいというのが社員の願い


「半年ほどで軌道に乗り、ここでためた資金をもとに、人を雇って居酒屋を始めた。順調に客は入ったが、今度は逆の悩みを抱えることになった。
  「あまりの忙しさに、板前さんたちが『やってられるか』と怒って出て行ってしまった。彼らは仕事には困らないので、店のために頑張ろうという気持ちになってくれないんです。
店は繁盛しても、従業員が居着かない。どうすれば定着してくれるのか。調理師たちと話すうちに、彼らが自分の店を持ちたがっていることに気づく。それならと社員の独立を支援する制度を作った。
「最初のうちは『どうせ社長の身内だけだろう』と社内でも半信半疑の人が多かったようですが、公募で入社してきた人が店長になってから、みんなの目の色が変わった。」


集客のポイントができてくるようになると、次は内部の問題になってくる。それがだいたいの企業がたどっていく道だからなのだが、仕事の内容が飲食ということであるから、問題がある。それは、特殊な技能の問題だ。長年の修行で築いた板前の腕である。どんなに頑張っても、自分の努力が報われないんだったら、誰も頑張りはしない。人が頑張るには、その人なりの頑張る理由というものがある。この業界では、板さんの多くが「何時か独立したい」というのが夢なのだ。


ここで、平 辰さんの知恵の絞りか違うまい。それは運命式がグループ力をもっているから、うまく人の輪を使った方がいいということだ。そこで、従業員の聞き取り調査をした。そして、自分の運命式の持つ知恵を絞ってみたのだ。


そこで企業の目標を外部と内部に分けて考えているということなのだ。
内部の目標をしっかりと実現することが外部の目標につながるようにしたということだ。その内部目標が「社員が店を持つ」というようにシステムを変えたということなのだ。


こうすることで、社員に力が出てきた。ちょうど30才以降の流運は目的指向型で運勢がでるようになっている。


みんなで合コン


■大庄という企業名の運勢


それでは、社長の運勢さえ良ければ、全部がうまくいくかというとそういうことではありません。企業の社名というのは、器です。これをうまく使って目的を果たすのは社長自身ですから、社長の運勢が悪ければうまくはいきません。
社名と社長名は車の両輪のようなものなのです。


そこで、「大庄」という企業の器としての運勢を見てみましょう!


<企業名「大庄」の運命式>


10  9 10


 4 11  7


 5  2  8


器としての企業名「大庄」の運命式を見ていくと、ひとつの特徴が出てきます。それは、仕事の運勢は完成型といわれるものです。これは仕事が何かの形ができあがるというよりも、その内部のシステムまでしっかりとできあがるという完成度の高さになります。


その上で、この社名のもう一つの特徴は、目的指向型であると同時にパートナー型の運勢を器として持っているということがいえます。
どういうことかといいますと、企業目的を追求していくことと、企業パートナーをつくっていくというシステムを器として持つということが必要ですといっているのです。


こういう部分をちゃんと押さえていくことが、企業の社名としての器の運勢造りになるということです。


■企業の社名と社長名とのマッチング


社長名の運勢は、この企業の社名の運勢を使うことができるのだろうかということになります。
「大庄」という社名を平 辰さんという社長は、使い切ることができるかどうかということなのです。


ここで、リーダー型の仕事運をもった平社長は、自分で仕事を進めていくということもそうですが、それよりもグループ力を持っているということの方が、運勢の武器としては大きいのです。
社員や現場の意見、話を聞くということが大きな力になるということです。これが知恵のリソースになるのですから!

ここで「大庄」という社名は、システムとしてパートナーを持つことが必要ですよといっています。平社長は、社員と話をしながら、「社員にもお店が持てる」というようにしたのです。これは、社名の運命式が求めているパートナーを実現したことになります。


こういうところで、企業の社名と社長名のいいマッチングが運命式上で行われているのです。
ここが企業が発展していく大きなポイントになるのです。


庄や・お店


●「大庄」の企業理念


我が社の事業は人類の健康と心の豊かさに奉仕いたします。
我々は自らの隣人を愛し、社会を愛し、会社を愛し、
あくなき人々の幸せを追求いたします。


ここで、平社長の言葉を聞いてみよう!


私が常に心においている言葉の一つに、「身土不二」があります。これは、人間も環境の産物で、暮す土地の季節の物、旬の物を常食することで身体は環境と調和し、健康で居られるという考え方で「食は命の基本、安全な食材を生み出すのは豊かな環境あればこそ」とのメッセージを持った言葉です。
このキーワードと、昨今、食の欧米化が進む日本において、薄れかけている地場の安全な素材を地元で消費する「地産地消」の心を大切にし、大庄はこれからも“より日本人の心の豊かさと健康に寄与する食の提供”に注力し、多くの皆様の身近の「市民食堂」になるべく努力をしてまいります。
「はい、よろこんで」という覇気のある明るい声が、日本をもっと元気にしていくことを私たちは願ってやみません。


●「大庄」という社名は、企業理念を表している


「庄」の意味は
辞典で調べてみると「生産物を貯蔵する倉を中心として周辺に園地を配した一区画」ということになる。


「大庄」だから、大きな、食を貯蔵できる倉を中心とした施設のある区域ということになる。


これは企業理念にある食の安全と人の健康ということに最も関心が出てくることになる。同時に業態を表す意味も持っているということになる。


★★★社名と社長名、企業理念の三位一体がなされて運勢が出てくることになる。★★★

庄や・お店


前のページ  次のページ  現代企業参考例トップ


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談

(1)■楽業偕悦 (2)■うまくバトンを渡した現代の飛脚!
(3)■スギヨ (4)■箔一 (5)■失礼ですが、二代目はコピー
(6)■夫の霊が会社を守る!
(7)■創業者だからできた改革 (8)■伸栄製作所・田中健一社長
(9)■まつや・松本啓志社長 (10)■大和トランスポート・村西更新社長
(11)■無料でコピー…現役慶大生起業家 (12)■夢の街創造委員会社長
(13)■旭川市旭山動物園園長 (14)■磨き抜いた家内工業
(15)シーピーユー・宮川昌江社長 (16)五洲薬品・藤井良三社長
(17)三井製糖社長・井原芳隆  (18)商船三井社長 芦田昭充
(19)日光猿軍団校長・間中敏雄   (20)プロ野球解説者・太田幸司
(21)「いい仕事」…骨董商 中島 誠之助  (22)仲間のために戦うヒーロー 平山亨
(23)44才で転職 若手に学ぶ 溝呂木 斉  (24)自分の店なら頑張れる 平 辰
(25)社員の7割超が知的障害者 大山泰弘 (26)襲名という先祖の功労 中埜又左エ門














Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.