Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」




@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談



E現代企業の運勢 鑑定例

F 戦国武将達の運勢

G 虹のたより(毎月発行のニュースレター)

H ネーミングから見た企業の経営戦略

I 日本国の運勢(2001年〜)


社名と社長名・・・◇社長と人事

社名 社長名ネーミング 改名参考例
社名 社長名ありがとうメール
ネーミングから見た企業の経営戦略ページ


遠山宣丞 ◆「社名 社長の占い」の遠山快空(快空)は人事についてこのように考えます。


企業が成功するために必要なことは、@構想 A目標 B戦略 C能力 D人事 という5ポイントをしっかりと押さえておくことが必要です。 もちろん、企業にとって資金や資源の確保はいうまでもありません。しかし、それ以上に重要なことは、「人事」なのです。「人事こそ企業の要といっても過言ではないのです」そんなことは、誰でも知っていることですがあえてこの問題を取り上げたのは、それくらいに重要度が高いということなのです。


戦国時代の武将・武田信玄は「人は石垣人は城」といいました。人材こそ企業の経営を左右する最も大きな課題なのです。社長であれば誰もそのことは身にしみてわかっておられるはずです。それじゃあ、人材はどうやって開拓するのか?どこから引っ張ってくるのか?ということになると、「大手にはかなわない、優秀な人材を引っ張るだけの力がない」などと、嘆きの言葉が多く聞かれます。

遠山宣丞
私は”君が代”に出てくる「さざれ石」というのが好きです。小さな小石が寄り集まって大きな岩石のようになるのです。少子化の現代に優秀な人材と目される人の争奪戦をするよりも、「人を育てる」「人の能力を引き出す」ということの方がより重要度を増すのではないかと思います。「さざれ石」のように、小さな人材でも、それらの能力をしっかりと結集すれば、大きな岩石となって力を発揮することは可能なのです。だから「人は石垣人は城」なのです。


戦国時代、尾張の織田兵は”弱い”ことで知られていました。この弱い織田兵を率いて天下取りを目指したのが織田信長です。だから、信長はこの弱点を補うために武器の開発と研究をしました。それから人材の発掘にも力を入れました。それは、力がなければ知恵で勝つしかないからです。こうして信長独特の”能力主義”が生まれていったのだと思います。


「さざれ石」のように、人と人をつなげ「人は石垣人は城」というようになるためには、人と人のジョイントや人の配置ということがとても重要になります。どこにどういう人をおけばいいのか?この人とこの人は一緒にいて力を発揮できるだろうか?様々な人に関する課題を背負って、日夜頭を悩ますのが社長業というものでもあります。遠山快空はそういう人材・人事に関するコンサルティングをこれまでの経験と姓名学の観点から人事相談のアドバイスを致します。


●戦国武将達の経営運勢 ●現代企業運勢の参考例

社名と社長名・・・◇社長と人事

さざれ石 ※「さざれ石」は学名「石灰質角れき岩」。石灰石が長い年月の間に雨水で溶解し、小石を凝結させて巨岩となり、長い年月を経て河川の浸食により地表に露出したものです。
さざれ石は岐阜県の天然記念物に指定されています。


前のページ> 次のページ


社名・店名・社長net お申込  社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.