Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

社名・店名・芸名の改名・変更や命名判断は成功の鍵を握っています。社長の運勢や社名の占い鑑定/経営の成功ステップに必要な社長コンサルティングをコーチングスキルで行います。成功するための社名・店名・改名・芸名・屋号のつけ方、命名鑑定を姓名判断します。
 

■信長の残像・・・豊臣秀吉とは何者なのか?

人と思いきや猿と見間違えるなり、猿と思いきや人と見間違えるなり!これが秀吉という人の風貌である。それに、秀吉は右手の親指がもう1本あったという多指症であった。これは、彼の同僚であった加賀百万石の前田利家公の「国祖遺言」の中に書かれている事実だ。そういうコンプレックスを持ちながら、彼は天下を盗ったということなのだ。

大事なことは、秀吉が氏素性の知れぬ小者から始まって、天下を盗ったということなのである。この時期下克上は続いていたのである。そこを見落としてはならないことなのである。信長が天下を狙うのも下克上、秀吉が天下を盗ったのも下克上なのである。言い方を変えれば、実力社会が到来したということなのである。古い秩序を大義名分にしながら、実際は実力で出世して世に出ることができるという社会になっていたということなのである。
★その豊臣秀吉の運命式を見てみることにしよう!

<豊臣秀吉の運命式>

26 20 27

19 33 14

26 13 20

<豊臣秀吉の流運>

25 19 17  9 25 19 17  9

18 19 17 11 18 19 17 11

この運命式を見ていくと、秀吉という人物が木下、羽柴という姓を持っていたときから比べると、如何にも精彩を欠いた人物になってしまっていることがわかる。
木下藤吉郎と羽柴秀吉などについては、以下を参照するといい。
http://www.yo-in.com/mail/html/kaimei-ex2.html

これは政治家というよりは、信長の野望を実現するための官吏とでもいった方がいい運命式である。決して悪い運命式といっているのではない。リーダー型であることは間違いない。しかし、物事を創造したり、新しいものを実現するようなエネルギーはここには感じられない。
この豊臣の運命式では、戦略を練り、それを実現していくリーダーシップというパワーはある。

  豊臣秀吉
E日本史・あの人達の飯は・・

社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長の占い」の陽陰姓名術協会


社名・店名・社長net お申込  社名・店名・社長net 料金表 社名・社長名の改名相談


Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.