Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

社名・店名・芸名の改名・変更や命名判断は成功の鍵を握っています。社長の運勢や社名の占い鑑定/経営の成功ステップに必要な社長コンサルティングをコーチングスキルで行います。成功するための社名・店名・改名・芸名・屋号のつけ方、命名鑑定を姓名判断します。
 

★ちょっと一服・足利義満の運命式を見てみよう!

さて、こんなに希有宋代で将来はすごい将軍になるだろうと思われた義満公ですが、本当はどうだったのでしょうか?
また、彼は天皇にもなろうとしたというではありませんか?
そんな野望を持つ人物ならば、さぞかしすごい指導力か、それとも謀略家であったとか、そういう不思議な力を持っていたとかというような要素を持っていたと、想い隊ではありませんか?
その辺を検証してみたいと思います。ここで彼の占い運命式を出してみましょう!

<足利義満の占い運命式>
26 14 27

 19 39 20

 32 25 32

ついでに彼の流運を出しておきましょう!
22 22 17  9 22 22 17  9
18 19 14 14 18 19 14 14

この運命式を見ると、乱世に生きる人物として、武力や腕力などの実力行使に優れていた人物ではないということなのです。要するに無秩序の世界で、秩序を回復するために武力を行使することに適した人物ということではないのです。

そういう意味では、時代の要求としてその時代の課題を解決する人物として現れた義満将軍は、時代にマッチングした内容を持っていたことになるのです。

もはや武力だけで日本国内を治めるときは過ぎ去っていたのです。南朝方の抵抗も時を過ぎ去り衰微しはじめていましたし、足利家の内紛も収束をし始めていました。そういう中での将軍は武闘派では意味がないのです。

足利義満の運命式は、環境の条件を吸収しながら、それらを知的に裁いていく本性を持っているのです。それらの特徴は仕事運で必ず形となって成果を生み出さざるを得ない強い欲求を持っていたというのです。
それと同時に、人間関係は意外にも思いやりがあるのですが、それは屈折した背景の中であらわれるのです。

どういうことかというと、半済令がいい例だ。この時を武人達は待っていたのだです。


洛中洛外図屏風 国立歴史民族博物館


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長の占い」の陽陰姓名術協会


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表 社名・社長名の改名相談


Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.