Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

社名・店名・芸名の改名・変更や命名判断は成功の鍵を握っています。社長の運勢や社名の占い鑑定/経営の成功ステップに必要な社長コンサルティングをコーチングスキルで行います。成功するための社名・店名・改名・芸名・屋号のつけ方、命名鑑定を姓名判断します。
 

りません。それに、治天の君は英邁である後鳥羽上皇です。
そうなれば、朝廷側としては幕府の中が北条時政などによる権力闘争で弱体化している今こそ、好機到来と考えてもおかしくないのです。

時は1221年、満を持して準備をしてきた後鳥羽上皇は、5月14日流鏑馬を行う名目で自派の武士達を都に集め、翌5月15日ついに後鳥羽上皇は絶対の自信を持って北条義時追討の院宣を近畿西国の武士達に発し、檄を飛ばしたのです。
この院宣は鎌倉にすぐに知れ渡ることになりました。

鎌倉の武士達が動揺したのはいうまでもありません。治天の君や天皇の権威というのは、田舎の武士達からみれば、当時の常識からみれば「神聖にして侵すべからず」というほどの絶対的な秩序の中心でしたから、院宣に逆らうということがどれほど恐ろしいことかということです。
ですから鎌倉の武士達は皆朝廷軍に反旗を翻すなどということは考えられないことなのです。皆尻込みしてもおかしくはないのです。この鎌倉の危機に際して立ち上がったのが北条政子です。

先月号にも書きましたが、ここでもう一度北条政子の名演説を聞いてみましょう!

「政子は御家人たちを前に「最期の詞(ことば)」として「故右大将(頼朝)の恩は山よりも高く、海よりも深い、逆臣の讒言により不義の宣旨が下された。秀康、胤義(上皇の近臣)を討って、三代将軍(実朝)の遺跡を全うせよ。ただし、院に参じたい者は直ちに申し出て参じるがよい」

要するに後鳥羽上皇が起こした軍は、鎌倉革命政権に対する反革命である。だから、この反革命軍を打ち破らないと、武士達の未来は絶対にないぞということなのです。

これによって、御家人達は過去と現在を比較する余裕が生まれたのである。そして、自分たちにとって最善の道とは何かを考えることができるようになったことと、この院宣が不当な背後関係から出てきたものなどを推測できるようになったのです。それよりももっと重要なことは、御家人達の感情に政子の言葉は響いたのでしょう!
これまでの朝廷からの多くの不合理と苦しみの過去を思い浮かべれば、頼朝によってもたらされた「恩」は今こそ「奉公」で返すときがきたと納得したのです。


北条時政 | 北条義時 | 北条泰時 | 北条時頼   
 | 北条時宗 | 北条貞時 | 北条高時 | 

社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長の占い」の陽陰姓名術協会


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表 社名・社長名の改名相談


Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.