Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

社名・店名・芸名の改名・変更や命名判断は成功の鍵を握っています。社長の運勢や社名の占い鑑定/経営の成功ステップに必要な社長コンサルティングをコーチングスキルで行います。成功するための社名・店名・改名・芸名・屋号のつけ方、命名鑑定を姓名判断します。
 

「政子は御家人たちを前に「最期の詞(ことば)」として「故右大将(頼朝)の恩は山よりも高く、海よりも深い、逆臣の讒言により不義の宣旨が下された。秀康、胤義(上皇の近臣)を討って、三代将軍(実朝)の遺跡を全うせよ。ただし、院に参じたい者は直ちに申し出て参じるがよい」と涙ながらの名演説を行った。これで御家人の動揺は収まった。」

この時は政子の名をいただいてから3年あまりの時である。ですから、そのままの名前の運勢が適用できるかというと、政子の年齢からいうと少し疑問も残りますが、それでも影響はあると考えますから、この名前での鑑定をしてみましょう!

★北条政子から読めること!

先ず、政子の心霊運は信念の塊を示しています。過去の出来事を示しながら、どういう生き方をしてきたか、その延長上に今があるということをいっているのです。院の宣旨が下ってもそれは逆心の讒言であるから、自分たちがやってきたことの方が正しいのだからそれに従うべきではないかということなのです。この強烈な信念は、自分の人生の蓄積の中で確立され、それが政子の名をいただくことによって、表現できるようになったと考えてもいいでしょう!

それに、頼朝の恩を説くことで、武士の地位が如何に安定することになって、様々な権利が保障されたかを皆に思い起こさせ、もしここで朝廷に屈するようなことになれば、今までの武士達の多くの犠牲は何だったのか?昔のような状況に戻ってもいいのかと武士達の人情にうったえたのです。これなどは本性の持つ多くの人の和とグループ化をはかることのできる特徴を表しています。
それから、仕事運はことに及んで情熱的で、一途で妥協しない強さと純粋さを持っています。そうすると、政子という名前を朝廷からもらったことは、実は尼将軍としてはとってもいいことだったように思います。


◇忘れてならないのは、源義經! 彼はどんな運命式を持っていたのか?

平家追討であれだけの武功をあげながら、頼朝に疎まれて結局は追われる身となった源義經はどんな運命式を持っていたのでしょうか?
世の中には「判官贔屓」が多いのですが、軍略の天才としての義經もさることながら、頼朝との対立から何故追われるようになってしまったのかという辺りを、運命式的に見てみることをしてみたいと思います。

源頼朝 | 北条政子 | 源義経 | 源頼家 | 源実朝 | 義経の怨念   

社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長の占い」の陽陰姓名術協会


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表 社名・社長名の改名相談


Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.