Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

社名・店名・芸名の改名・変更や命名判断は成功の鍵を握っています。社長の運勢や社名の占い鑑定/経営の成功ステップに必要な社長コンサルティングをコーチングスキルで行います。成功するための社名・店名・改名・芸名・屋号のつけ方、命名鑑定を姓名判断します。
 

★社会的な性格と仕事運・人気運は・・

 源頼朝という人は、この運命式から観るとなかなかの切れ者といっていいと思います。元々都の武士貴族になりますから、といっても父義朝の三男ですがちゃんとした嫡子です。父と共に平治の乱についていったのですが、破れて落ち延びたのですがとらえられ、一命を保たれて伊豆へ流されて流罪の身となります。
そこで、写経三昧だったといわれていますが、それだけではないと思います。
先ずは、彼の心霊運はなかなかの知的な頭脳を持っていることを証明していますし、その分神経質ではありますが、それと全く異なる多くの人との親和性というか柔軟性を本性はもたらしています。こういう矛盾した世界は、多く指導者層には重要な資質なのです。何故かというと、人を指導しようという立場につくということは、右から左まで対応しなければならないからです。ましてや、この極端に難しい時代に、鎌倉幕府を成立させていく手腕は並々ではないと思います。このように、知的で優れた情報と知恵を持ち、多くの人に柔軟に対応しながら、指導力を発揮するというのは、大変なことであったはずです。そしてそれを可能にする仕事運を持っていたのです。

頼朝という人は、知的で人情に流されるような人ではなく、相当な知恵を持っていてそれをしっかりと状況に合わせながら、仕事としてはちゃんと命令していく強さを持っていたということがいえるでしょう!

人気運をみてみましても、人に居丈高に接するというような人ではなく、本当に貴族にふさわしく、相手に思いやりをしっかりと見せられるのはなかなかと考えた方がいいでしょう!それは、ちゃんと計算された世界から思いやりを見せられるということなのです。
だからこそ、東国の武士団も武士の統領として仰ぐことができたのではないかと思います。

★頼朝の家庭内性格と愛情運は・・

 頼朝の愛情運は自分の生き方が主体的で目的を持っていて、相手をちゃんとパートナーと認める人に愛を認めるのです。そういう意味では、北条政子という人は頼朝のよきパートナーであり続けた人と考えていいと思います。
プライベートな世界では頼朝の性格は意外と女性的で、静かに物事を考え、思いやりを持ち、そして深い知識に根ざした知恵を持っていたと思います。そういう意味では当時の貴族にみられるような雰囲気と能力をしっかりと持っていたのではないかと思います。


◇運命の伴侶となった北条政子はどんな人なのか?

※北条政子という名は、建保6年(1218年)に朝廷から従三位に叙された際に、父・時政の名から一字取って命名されたものであり(当時61才)、それ以前は何という名であったかは不明というから、ここではエピソードから北条政子という人を知ってみよう!

 

源頼朝 | 北条政子 | 源義経 | 源頼家 | 源実朝 | 義経の怨念   


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長の占い」の陽陰姓名術協会



社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表 社名・社長名の改名相談


Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.