Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」

@はじめての方へ

A「社名 社長占い」はじまり物語

B総合料金表

C社名・ネーミングの方法と特徴

D社名・店名・社長名などの改名相談


E現代企業の運勢 鑑定例

F戦国武将達の運勢

G虹のたより(毎月発行のニュースレター)

Hネーミングから見た経営戦略

I日本国の運勢(2001年から2008年まで)

◇「社名 社長占い」陽陰姓名術・始まり物語

遠山宣丞 ◆「社名・社長占い」陽陰姓名術 はじまり物語

★★急に変わったお母さん
  新しい家に引っ越したのはいいのですが、それからのお母さんは今までのようではなくなってしまったのです。たぶん家のローンを早く返さなければいけないという「新しい目的」ができたのでしょう!


田舎にいたときは鶏と生活したのですが、今度は回りに田んぼもありません。共同洗濯場の清水もありません。共同の井戸もありません。
畑の中にぽつんと家があるだけです。
なんか無味乾燥なところでした。

共働き
お母さんは、急に働きに出ると言い出しました。お母さんが動くと我が家は大騒動です。お母さんは朝早くから夜遅くまでどこかへ働きに出るようになったのです。
その日から僕は鍵っ子になりました。家のことは「ほったらかし」という状況でした。お父さんは、遅く帰ってきてから、一人で晩酌をしながらテレビを見て食事をし、後片付けもお父さんがすることが多くなりました。


お母さんは「アー疲れた」といって、帰ってきましたらほとんど寝込んでしまっているからです。
その間に弟も生まれました。生まれたといっても、病院ではありません。助産婦さんが家まで来てくれて、家の1室で生まれたのです。
かわいそうなのは妹や弟です。ほとんどお母さんが家にいない生活が続いたのですから!


その負担は全部僕にかかってきました。学校から帰ってきたら、妹や弟と遊んでやらなければならないのですからね!
楽しかったのは、我が家に洗濯機がやって来たことです。忙しいお母さんが家事をすこしでも楽にするために、洗濯機を買ったのです。
当時の洗濯機は、一層式ですから一度洗濯したら、洗濯水を捨てて、次に水あらをして、それから絞り器にかけるのですが、ここが力のある僕の出番だったのです。その当時の絞り器は野菜の絞り器のような物で、二つのコアの間に衣服を通すのですが、そのハンドルを手で回すのです。これが力がいるのです。
こんな洗濯でも、画期的でした。何しろ手で洗わなくて済んだのですから、楽しかったですよ!


土曜日や日曜日は、近くに借りた畑での野菜作りに精を出していたお母さんは、僕にも手伝わせるようになりました。これが嫌で仕方がありませんでした。何故なら、当時はまだ水洗トイレがありませんでしたから、当然にトイレは「どぼん式」なのです。時折バキュームカーが来るのですが、我が家では、何回かに1回は、自分でくみ取って近くの畑までそれを天秤棒で運ぶのです。


それを手伝わされるのです。嫌々やっているので、天秤棒を担いでいるお母さんとの呼吸が合わないのです。すると、桶の中の物が「チャップン、チャップン」といって跳ねるのです。それが今度は服にかかります。
臭くって鼻がねじ曲がるというのはこのことです。


そういう生活をしていた僕は、
結局は友達との遊びもなく、自然と弟や妹の世話をしながら、本などを読むしかなくなったのです。
だから、唯一近くの本屋さんへ出かけるのが楽しみということにもなりました。
そんな「鍵っ子」生活が長く続くようになると、誰も勉強は教えてはくれませんでしたから、本が好きなわりには本当に勉強はできませんでしたから!

通信簿
小学校一年の時には、通知票をもらってきたときに、帰りながら友達と「見せっこ」します。その時に、僕は「電信柱」がいっぱい並んでいたのを覚えています。一緒に帰った男の子は、数字のの5がいっぱいあったのを覚えています。
それを見て、俺は1番でお前は5番だといって、「俺のが偉い」などといって帰りました。でも、帰ってお母さんからひどく怒られたのを覚えています。それでもその時「何で5番が偉いのだろう」って本当に思っていましたから!


そんな小学校も社会だけは好きでした。どうしてかというと、社会だけは昔の古事記の物語から神話の世界をずーと先生が話してくれたからです。たぶんその先生は教科書を無視した授業をしてくれたのです。それは楽しかったのを覚えています。それから社会とか歴史は好きになりました。★★

前のページ  1011| 次のページ












Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.